VeronaTop.jpg

​イタリアの古都ヴェローナにインスパイアされた、

​モダンロマンティックなコレクション。

北イタリアの柔らかな太陽、

街に残る中世の面影、広場から聞こえてくるアリア...

ヴェローナは、シェイクスピアがロミオとジュリエットに

出会いを与えた町でもありました。

熱に浮かされ盲目な、戯曲の中の二人のように。

陽気で甘い、恋人たちへの讃歌です。

IMG_0640.jpg
Verona.jpg

" But passion

lends them power,

time means, to meet,

Temp’ring extremities with extreme sweet. "

 

[ Romeo and Juliette, Act2, Scene1 ]

Design Concept

中世の趣が残る、古都ヴェローナ。

ロミオとその恋人のロマンスで名高い名小さな町には、

今も時が柔らかく流れます。

町角には中世に建てられた小さな教会、

日の光にきらきらと輝く広場の噴水。

夜は街灯の曇った光が石畳を照らし、

一本裏通りに入ると、

家々の二階から張り出したバルコニーが静かに道を見下ろして。

欄干越しに夜な夜な会話を交わしたであろう、

かつての恋人たちの囁き声が、今でも聞こえてくるよう。

 

"Verona" コレクションは、

そんな恋する二人の、甘く柔らかな時間に捧げる、

ロマンティックなコレクションです。

Verona2.jpg

 Colors and Texture

朝昼晩と、戯曲の場面のように表情を変えるヴェローナの町。

それぞれに着想を得た4色を展開します。

Verona3.jpg
Verona4.jpg

朝靄に包まれて時が止まったような朝の色、Nuda (ヌーダ)  。

光を弄ぶシマーxマットのバランスと、

繊細なカラーリングにこだわりました。

センシュアルなライトカーキの Verde (ヴェルデ

中庭の花々を濡らす朝露。

朝の光に包まれたような、ヌーディで柔らかな配色に

落とし込みました。

柔らかく日差しが広場を照らす午後には、

イタリアらしいブラッドオレンジのArancia (アランチャ)。

ジューシーな果実の色にクリームのチュールとサテンを合わせて、

甘く気だるい昼下がりをイメージ。

IMG_0641.jpg

ウェットな質感のダークカーキに

合わせたNero (ネロ) は、

中庭の夜露が月明かりにきらりと光る夜。

黒一色では表せない、匂い立つような夜の色を、

微妙なトーンの陰影とコントラストで表現しました。

Verona5.jpg

 Details

一刻、一刻と過ぎていく恋人たちの柔らかな時間をイメージして、

肌に繊細に重なる "透け感" を追求しました。

細かいレースのモチーフやヌードカラーのチュールが

肌に浮かび上がり、ヌードな演出です。

美しいディテールのドラマティックな重なり、

日の移ろいに寄り添う軽さ。

​恋人たちの中庭に漂う香りを、肌の上でお楽しみください。

IMG_0639.jpg