デビューコレクションとなる "Marrakech Fever"

モロッコの都市マラケシュからインスパイアされたコレクション。

乾いた空気、午後の傾いた日差し、優しく肌を撫でる風、

時間の止まったような空間に漂う過去の香り...

時に迷宮のような旧市街で迷い彷徨い、

時にリヤドの中庭のプールサイドで微睡むかのような、

柔らかく繊細な感覚をイメージしました。

 ​Design Concept

1000年以上続くマラケシュの都の、城壁に囲まれた旧市街。

街に立ち込める香料の匂いや喧騒を抜けて、

リヤドと呼ばれる、広い中庭のある邸宅へ。

リヤドは中庭を中心に囲むように建てられ、

プライベートな生活を静かに包みます。

エントランスから中へ続く廊下は蛇行して、

扉の外から覗いても中が見えないようにつくられています。

窓に配された飾り格子は、外から中が見えないように、

でも中からは外が見えるように、工夫されています。

" 公の空間とプライベートな空間が

美しい仕掛けで隔てられる... "

今回のコレクションのコンセプトの一つです。

 Color Inspiration

砂漠や椰子の木や噴水、色褪せたモザイクが織りなすマラケシュ。

今回のコレクションでは3色で展開します。

プールを意味する PISCINE (ピシーヌ) は

喧騒を逃れたリヤドの中庭のプールのアクアグリーン。

日に焼けたようなローズカラーのCASBAH (カスバ)は、

かつてのスルタンの城の城塞を意味します。

乾いた土地で瑞々しく匂い立つセンシュアルな

プラムの実をイメージしたのは PRUME (プリューム)。

 Texture

北アフリカの強い日差しと日陰の柔らかさを表すため、

滑らかな国産のサテン生地に、

薄く繊細なシャンティリーレースを合わせました。

レースの模様とサテンの生地、

微妙に明度の違う色が幾重にも重なります。

 

チュールやメッシュの色のトーンを

敢えて少しずつ変えて配色することでも、

マラケシュの雰囲気に合う

​深みと奥行きのある表情に仕上げています。

 Details

マラケシュの街の建築のディテールにインスピレーションを得て、

肌の上にアーチを描くようにレースを配置しました。

シンプルな色使いと細かい彫細工が美しい壁面のように、

無駄を省いたミニマルなシルエットに、

精巧なリバーレースを贅沢に配して。

外からは目隠しされていても、中からは外が見える格子窓のように、

レースは肌を、時に透かし、時に透かさず。

匂い立つような街の香りを、肌の上でお楽しみください。

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2018 Maimia

0